税理士神宮寺くららの『あれま⁉️』日誌

-プロ仕様の税金物語へようこそ-

★今日も新人税理士が税務調査に立会います★

17.課税売上割合⭐️⭐️

くらくらするほど眩しい一日でした。

f:id:rarara0001:20180725141931j:plain

今日の調査立会は中古車販売の会社。

 

新車ディーラーの営業マンだった社長。

腰が低く、笑顔がステキな40代....でも昔はやんちゃなヤンキーをやってたそうです。

今の姿からは想像つかないけど、業界にはこういう人結構いるみたい。

 

大事なことは、いかにお客さんのニーズにあった車を揃えられるか、なんだって。

今も、社長自らが現車オークションに行って、仕入れしている。

 

私に勧めるこの派手な色のベンツ、格安にするっていうけど、私に似合うわけない。

だいたい、これは売れ残りでしょ。

かなり前から在庫になってるの知ってますから。

 

調査官が(来た!)

 

「おはようございます。

今日はよろしくお願いします。」

 

気弱そうな調査官。店舗から一番遠いスペースに車を止めたものね。

シルバーのニッサンキューブ。

車も地味だわー。

あ、これ役所の車だよね。たぶん。

 

おや、

早速、調査開始ですか。元帳をめくってる。

・・・・・

調査開始   

f:id:rarara0001:20180725150918j:plain

調査終了

・・・・・

くらら先生、事務所に戻る。

 

「所長、すみません。

非違の指摘を受けました。」

 

「どういう内容?」

 

「消費税の課税売上割合の計算誤りです。

 

調査官の指摘はこうです。

 

  中古車を販売したさいの、自動車リサイクル預託金*1譲渡は非課税売上であり、消費税の課税売上割合の計算上、分母にのみ入れて計算しなければならない。

その結果、課税売上割合は95%を下回るので課税仕入れ金額の全額控除はできない。

 

中古車販売では必ずリサイクル預託金の譲渡が伴います。

これが非課税取引になるとは考えていなかったので、課税売上割合の計算に入れてませんでした。

私のミスです。」

 

「・・・そんなに違いがでる?、

計算書を見せて下さい。」

 

・・・数分後

「リサイクル預託金の100%を分母に入れるという指摘なの?」

 

「そうです。その計算では、確実に課税売上割合は95%を下回ります。」

 

「その解釈は違ってるね。リサイクル預託金の譲渡は、有価証券の譲渡と同じで例外規定があるんだよ。

課税売上割合の計算上、譲渡額の全額ではなく、5%のみ課税売上割合の分母に入れることになってるんだね。

 

リサイクル預託金は金銭債権になるけど、その譲渡は、平成26年の改正で、5%となったんだよ。

再計算しても課税売上割合は95%以上だから、課税仕入は全額控除して問題ないよ。

 

調査官、間違ってるね。」

 

「あれま⁉️

 

  

*1:車を廃棄処分する際に必要となる費用を、新車購入時にあらかじめ支払うことが法で定められており、この費用をリサイクル預託金という。

16.トーステッドココナッツ

お疲れさまです。

所長が、コーヒーを淹れてくれました。

f:id:rarara0001:20180719211659j:plain

決算が重なり忙しいところに、トラブルが発生したりして、心も体も疲れております。

 

世間では、会計事務所はブラックというのが定説らしい。

たしかにクライアントの日程に合わせなければ仕事は進まないのが現実だし、忙しい時期になると土日もない。

 

志望したのは、専門性があって、自分の努力でスキルアップできる仕事かなと思って。

充実感はそれなりにあるし、やりがいもある。

でも、これでいいのかなあと思う時はあります。

所長には言ってないけどね。

 

今日のフレーバーはトーステッドココナッツ。

ココナッツとコーヒーの香りが部屋全体に漂っています。

疲れてるときは、これでいくらか癒されます。

 

f:id:rarara0001:20180723214514j:plain

 

さて、所長のブログを見てみましょうか。

 

今日は柳家喬太郎

このひとの落語、高校の学校行事で聞きました。

・・・たしか初天神だったかなー。題目だけは何となく覚えています。

どういうお話かは全く記憶にありませんが。

 

まあ、いいですね。

 

 今回の税の話は・・・

『クレジットカード手数料』のお話です。

f:id:rarara0001:20180723200042j:plain

 

監査1 消費税『クレジットカード手数料』

 

クレジットカードが普及して、ほとんどのお店でカードが使えるようになってきました。

 

お客さんがカードで支払いをした場合、お店(加盟店)はカード会社に売上代金を請求し、その代金が振り込まれることになりますが、その際、手数料が引かれて入金となります。

この手数料については、消費税は「非課税」となります。

 

消費税法上、金銭債権の譲渡は非課税となり、

この手数料は、お店がカード会社に売掛債権を譲渡するための費用であるから、非課税という理屈です。

 

カード手数料については、課税取引である銀行への振込手数料などと同様に、支払手数科という科目で処理することが多いため、消費税の課税取引と誤る処理をしてしまいがちです。

 

税務調査で指摘されることも多い誤りです。

 

金額は小さいですが、正確な処理をすることが信頼につながります。

 

税務担当者の必須監査項目です。

 

(あれま❗️知らなかった)

 

15.帳簿及び請求書の保存⭐️

くらくらするほど眩しい一日でした。

f:id:rarara0001:20180707122713j:plain

今日の調査立会は電気工事の会社。

 

社長は現場の人だけど、今は伝票整理も自らやってます。

担当していた奥さんと、去年離婚しちゃったからしょうがないよね。

普段からMacBook使って機械に慣れてるから、会計も大丈夫ですね。

 

社長の自慢は、あのスティーブ・ジョブズと生年月日が全く一緒ということ。だから完全なアップル好きなんだって。

もう年金をもらう年代なのに、若いよね。

 

この前、六本木ヒルズのスタバに行ったら、Macだらけでした。

そこで何してるの?

社長に聞いたら、皆んな真剣に仕事してるんだって。

 

調査官が(来た!)

 

「おはようございます。

今日はよろしくお願いします。」

 

おや、まー。

高校生みたいな女性調査官。

マイケルコースのトートを提げて、石原ひとみにしてるけど、背伸びし過ぎで似合いませんね。

申し訳ないけど、これで調査はできるのでしょうか。

 

でも、意外と愛嬌があって、何より物おじしない子ですね。

ちょっと応援したくなります。

社長も孫を見るようで、優しく対応してますね。

ほんとうに最近多いです、若い調査官。

・・・・・

調査開始   

f:id:rarara0001:20180716171743j:plain

調査終了

・・・・・

くらら先生、事務所に戻る。

 

「所長、すみません。

非違の指摘を受けました。」

 

「どういう内容?」

 

「インターネットで購入した材料に係る消費税の否認です。

 

調査官の指摘はこうです。

 

仕入税額控除の適用を受けるためには、帳簿への記載、保存及び請求書等の保存をしなければならない。

帳簿への記載は確認できるが、請求書の保存がない。

よって適用要件を充たしていないので、課税仕入はできない

 

最近は工事の資材をネットで仕入れることが増えてきました。

商品と一緒に請求書が送られてくることもありますが、ほとんどが電子データの情報のみで、紙面の請求書はありません。

 

このような場合、何か救済措置はないのでしょうか。」

 

「ネットを通じて取引を行った場合には、請求書等そのものが作成・交付されないのが通常です。

このような電子データ以外の保存ができない場合は、やむを得ない理由があるとして、仕入税額控除の適用を受けることができます。

 

会社の帳簿を見せて下さい。」

 

・・・数分後

「必要な事項が帳簿に記載されているね。

これなら課税仕入は問題ないよ。」

 

調査官、間違ってるね。」

 

「あれま⁉️

 

  

14.現物給与の消費税⭐️

くらくらするほど眩しい一日でした。

f:id:rarara0001:20180715141821j:plain

今日の調査立会は日本酒の造り酒屋。

 

創業100年の老舗ですが、何度か廃業の危機がありました。

今の社長は杜氏でもある、先代の一人娘の莉乃さん。

あの指原と同じ名前で、顔もちょっと似ているので、本人も意識しています。

でも年齢はかなり上だけどね。

 

酒蔵のみんなで踊った蔵バージョンの『恋チュン』、ネットで見たけど、なかなかいい感じです。

 

先日の新酒鑑評会での金賞、おめでとうございます。

調査が終わったら、これで一杯やるんだってね。

楽しく飲めるように、私も立会い頑張ります。

 

調査官が(来た!)

 

「おはようございます。

今日はよろしくお願いします。」

 

なんかオドオドした感じの、真面目そうな調査官。

申し訳ないけど、地味なルックスで30は超えて見えます。

でも、役職は事務官だから若いはず。

調査経験そんなにないんでしょう?

 

最近多いよね、若い調査官。

所長が言うには、ベテランがたくさん退職して今は過渡期で、指導する統括官も大変なんだって。

 

私の立場では、怖い人より歓迎ですが。

でも本当は、厳しくないと、経営者が税理士の言うことを聞かなくなるので、それも困るんですけどね。

・・・・・

調査開始   

f:id:rarara0001:20180715153932j:plain

調査終了

・・・・・

くらら先生、事務所に戻る。

 

「所長、すみません。

非違の指摘を受けました。」

 

「どういう内容?」

 

「社員に配った創業記念品の取得費を、消費税の課税仕入れにしていました。

 

調査官の指摘はこうです。

 

当社が創業記念に際し、その記念として社員に支給したガラス食器はその価格が1万円を超える高価なものなので、社員への現物給付として、給与所得になる。

給与は消費税では不課税取引なので、当然課税仕入れはできない

 

金額からみて課税しない経済的利益とはならないので、社員への給与として源泉の対象としていましたが、消費税については、特別な指示をしていませんでした。

 

 私のミスです。」

 

「当社が、創業100周年を迎えて記念式典を行ったのは知ってます。

実は、私も式典に呼ばれてましたので。

 

社員に配った創業記念品というのは何?」

 

江戸切子の冷酒杯でした。蔵のマークが入った立派なものです。

現物給与として給与課税にしてはいたのですが・・・。」

 

「大丈夫。くらら先生の処理で何も問題ないね。

 

仕入控除の対象かどうかは、

その支給が給与となるかとは関係がなくて、

その支給した資産の取得が、消費税法上の課税仕入れになるかどうかで判定することになる。

 

今回の場合、法人の事業としての資産の購入であるから、仮に現物給与として源泉の対象となった場合においても、仕入控除の対象になるんだよ。

 

調査官、間違ってるね。」

 

「あれま⁉️

 

  

13.チョコマカデミア

おはようございまーす。

今日も朝から、コーヒーの甘い香りが部屋中に拡がっています。

f:id:rarara0001:20180708143131j:plain

ということは所長が来てますね。

 

今日のフレーバーはチョコマカダミア。

チョコレートの香りとマカダミアの香ばしさが、まるでスイーツのよう。

朝からスイーツなんて気がひけるけど、意外と低カロリーなんだってね。

 

もうすぐほんとうの夏。

始まりましたね、高校野球の地区大会。

 

元野球部マネージャーの私は、野球女子。

所長は、甲子園のベストゲームは、『奇跡のバックホーム*1』だと言う。

アメトークを見て、これは凄い、と心底思いました。

交代で肩を回しながらライトに向かう矢野君、そしてあのプレー、カッコいいですね。

YouTubeでも見ましたが、まるで野球アニメの世界ですね。

彼、今は地元のテレビ局に勤めてるんだってね。

 

今年も奇跡のドラマを期待して、テレビ観戦します。

f:id:rarara0001:20180708143221j:plain

さて、所長のブログを見てみましょうか。

 

先日の立川志の輔独演会の話です。やっぱり好きなんですね。

そう言えば、所長から借りた志の輔のDVDまだ見てないや。

おすすめの『はんどたおる』、早く見て返さないとね。 

 

今回の税の話は・・・

『中小企業共済の慶弔金』のお話です。

 

f:id:rarara0001:20180708200546j:plain

 

監査1 源泉所得税『永年勤続慰労金

 

中小企業共済(事業済)に加入している法人は社員の慶弔に際して、

共済からお祝い金やお見舞い金を受け取り、該当社員に贈呈します。

これらの贈呈金のほとんどは、本人の所得税には影響しません。

気をつけなければならないのは、この贈呈金のうち

『永年勤続慰労金』は給与所得になるということです。

源泉徴収の対象ですから、年末調整の際にも忘れないこと。

金額は小さいですが、正確な処理をすることが信頼につながります。

 

税務担当者の必須監査項目です。

 

(あれま❗️知らなかった)

 

*1:平成8年夏、松山商業高校と熊本工業高校との間で行われた甲子園決勝戦で、サヨナラ負けの大ピンチを救ったプレーのこと