税理士神宮寺くららの『あれま⁉️』日誌

-プロ仕様の税金物語へようこそ-

★今日も新人税理士が税務調査に立会います★

19.真夏の怪談

お疲れさまです。

コーヒーでひと息入れますか。

f:id:rarara0001:20180728113535j:plain

毎日暑さが続いてますが、夏の甲子園がもうすぐです。

各地区の代表校が決まりましたね。

 

今、大ブームの応援、『アゲアゲホイホイ』を知ってます?

「エッサ、エッサー、アゲアゲホイホイ」ってやつ。

 

北海のが凄いとネットで評判。

右足左足を交互に上げ、次に、肩を組んで体を左右に揺らす。

掛け声の力強さと踊りの躍動感・・・

ほんと感動ものです。

 

足上げの主流は、右足2回の左足2回ですが、北海は、交互に4回のパターン。

慣れるまでチョット難しいですが、やってみて下さい。

 

今年の北海は残念ながら、地区大会で負けてしまいました。

でも『アゲホイ』の元祖である報徳学園が、甲子園出場を決めてます。

f:id:rarara0001:20180728113658j:plain

さて、所長のブログです。

 

今回の税の話は・・・怖い話です。

夏の怪談です。

 

f:id:rarara0001:20180801080938j:plain

 

金物を売っている会社でした。

地域に親しまれて50年。

しかし、ホームセンターには勝てず、

潮時との判断で、貸しビル業への転換を図ることにしたそうです。

幸い、立地はいい。

銀行融資を受け、3億円でテナントビルを建設をしました。

ビル建設に係る消費税の還付金を、当座の運転資金とする見込みでした。

 

消費税の還付申告をしたところ、税務署から連絡がありました。

 

申告に誤りがある。

簡易課税なので、消費税の還付はできない。

 

どういうこと?

 

何と相当以前に『簡易課税選択届出書』*1が提出されていました。

おそらく、その当時は簡易課税だったのでしょう。

その後、基準期間の課税売上が適用上限を超えるので、簡易課税ではなく、本則課税での申告をしていました。

 

しかし、今期は基準期間の課税売上が5千万を下回ったため、必然的に届出している簡易課税が適用となり、ビル建設に係る消費税の還付を受けることはできません。

 

簡易課税制度選択不適用届出書』を提出しておれば、何の問題もなかったことでした。

大きなミスです。

税理士に対して損害賠償の請求がされました。

 

(怖っ❗️)

 

*1:簡易課税の適用上限は、平成元年の消費税創設時においては、5億円であったが、その後の改正で4億円、さらに2億円となり、現在は5千万円に引き下げられている。