税理士神宮寺くららの『あれま⁉️』日誌

-プロ仕様の税金物語へようこそ-

★今日も新人税理士が税務調査に立会います★

20.完全支配関係の寄附金⭐️⭐️⭐️

くらくらするほど眩しい一日でした。

f:id:rarara0001:20180804101957j:plain

今日の調査立会は、新興のハウスメーカーです。

お値段が少し高いので、ちょっとリッチなお客さんが中心です。

シャープな外観に大きな窓、デザインが売りだけど、この層を微妙にクスぐる手法が巧みですね。

たとえば、完成見学会は紹介客のみに限定したりしてね。

 

ショールームの家具をカンディハウスで揃えるところも、いいセンいってるなーと思いますね。

少し高いけど、手が出ないわけではない。

そのセンスが、この客層に受けるんだろうなー。

 

社員はみんな、接客業のような感じのひとばかりだし、ガテン系のようなひといないもの。

 

調査官が(来た!)

 

「おはようございます。

今日はよろしくお願いします。」

 

特官チームの4人です。

研修中の新人もいるそうだけど、ちょっと多くない?

経理の人も戸惑ってる。何かあったのかと不安そう。

 

「人数が多いので、効率よく調査を行なって、早く終わりたいと考えています。」

特官も気を使ってくれてるんですね。

 

最近、新人が多いと聞いてるけど、同行研修も大変だよね。

・・・・・

調査開始   

f:id:rarara0001:20180601132837j:plain

調査終了

・・・・・

くらら先生、事務所に戻る。

 

「所長、すみません。

非違の指摘を受けました。」

 

「どういう内容?」

 

「寄附金の否認です。

 

調査官の指摘はこうです。

『  当社が支払っている、関係法人であるB社の事務所家賃は、当社が負担すべき費用ではないので、B社への寄附金となる。

当社とB社は、完全支配関係がある法人なので、その全額が損金不算入となる。

 

B社は立ち上げたばかりの法人なので、当社が資金面を含めて支援していたのは事実です。

 

適切な税務処理の指導ができていませんでした。

私のミスです。」

 

「他の法人の費用を負担していたとすれば、特別な理由がない限り、寄附金と認定されてもやむを得ません。

100%グループ内の寄附金については、特別な取扱いもありますね。

グループの出資関係図を見せて下さい。」

 

・・・数分後

f:id:rarara0001:20180806211653j:plain

「当社とB社は、オーナー個人が100%の株式を所有しているんだね。

ということは、個人による完全支配関係なので、寄附金についてはグループ法人税制の適用はないね。

グループ法人税制が適用になるのは、法人による完全支配関係がある場合だけなんだ。

つまりは、全額損金不算入ではなく、通常の損金算入限度額の計算を行うことになるんだよ。

所得が大きいので、限度額計算しても超過額はでないから、増差はないね。

 

調査官、間違ってるね。」

 

「あれま⁉️