税理士神宮寺くららの『あれま⁉️』日誌

-プロ仕様の税金物語へようこそ-

★今日も新人税理士が税務調査に立会います★

3.機械の耐用年数⭐️⭐️

くらくらするほど眩しい一日でした。

f:id:rarara0001:20180608102814j:plain

今日の調査官は女性。

社長はいつもよりハイテンション、少しお酒くさい。

 

調査官が(来た!)

 

「おはようございます。

今日はよろしくお願いします。」

 

提げて来たのはセリーヌのファントム。

金具なしだから、ギラつき感がない、スマートなトートだよね。私も欲しいわ。

 

走るのが得意そう。

さらっと市民レースに出て、帰り際、女子の年代別3位に自分が入ってるのに気づく。

そういう感じの人。

 

ほー。

私がチョット苦手な馬力型社長との会話も弾んでるじゃない。

結構やり手かな。

・・・・・

調査開始   

f:id:rarara0001:20180616170624j:plain

調査終了

・・・・・

くらら先生、事務所に戻る。

 

「所長、すみません。

非違の指摘を受けました。」

 

「どういう内容?」

 

「去年買ったタイヤショベルの耐用年数、違ってました。

車両だと思っていましたが、機械装置の12年が正当と言われました。

私のミスです。」

 

「そう。確かにタイヤショベルは機械装置に該当するね。

で、12年の根拠は?」

 

「道路貨物運送業用の12年です。」

 

「・・・・。

この会社は観光バス事業だったね。

・・・・となるとそれは違うね。

 

『道路旅客運送業』に分類されるね。

『道路貨物運送業』ではないね。

 

耐用年数表 別表2は、

日本産業分類の中分類で定められているけど、

道路旅客運送業は規定されていない。

だから、『その他の』年数を適用するんだね。

8年が正解だよ。

 

調査官、間違ってるね。」

 

「あれま⁉️